2018年5月16日水曜日

New Video Available!

Do you remember an old vid "HangedJann" (deleted) on YouTube? I'd like to respect it and present my new vid!
撮って出しの新作ですよ!


撮影当日、なんとカメラを忘れる大失態。泣きながら3年前に買ったAndroidスマホで撮ったら、照明が良かったこともあり、結構まともな画質で撮れたでござる。カメラとか要らねえかもでござる。

初期のYouTubeに「HangedJann」という作品がありました。スリットの入ったドレスにタイツ、ハイヒールを着用した男性が、宙吊りになって足(結構キレイ)をバタバタさせるもの。なお、下半身しか映りません。


衝撃的だったのは、吊りにホイスト(ウインチ)を使用しており、せいぜい10cm程度ですが、巻き上げ音と共に体が浮くんですね。前回の記事のように、女の子の浮遊表現、特に上下にふわふわと漂う様子が大好物の私は、「自宅にホイストとか、アメリカすげえ…いつか欲しい…」と思いました。でもお高いんでしょう?

あれからxx年。ふと思い立ってAmazonを検索したら、日本のメーカーのヤツが5万ちょいで売ってました(汗)。

これでやっとHangedJannを超えることが出来ます。ありがとうAmazon、ありがとうホイストのメーカーの人。

でもこのホイスト、チェーンにドス黒い油がたっぷり塗ってあるので、衣装が汚れまくり。洗濯してもほとんど落ちない(泣)。


注意:市販のホイスト(ウインチ)は、人を吊るためのモノではありません。実行する際は自己責任で。

2 件のコメント:

  1. いつも楽しく拝見しております。
    私も宙吊り体験をしてみたいのですが、場所がなかなか見つかりません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。「宙吊り体験」とは「吊る方」「吊られる方」どちらでしょう?
      宙吊りと一口に言っても、メイド服着せて天井から吊るのと遊園地のジップライン的なものとは目的が全く違いますね。
      まあ、ウチにいらっしゃるということは前者の方かと思われますが、確かに業として行っているところはほとんど無いでしょうね。
      「無いものは作る」精神で、ご自身で研究されてはいかがでしょうか? 私はそうしてきましたし、ノウハウ(←大げさ)の提供は可能です。

      削除